FC2ブログ

Precious coral SANSUI

ジュエリーの事、宝石珊瑚の事、そして地元高知の事 などなど・・・

ダイヤ石留~ 

2018/08/07
Tue. 16:59


あまり、ブログを更新しなくなっていたので

久しぶりに更新!

けして、暑くて仕事したくないわけでは・・・(笑)

それにしても厚いですね~

そして甲子園も始まりました!

高知代表の高知商業も、みごと一回戦勝ちました

仕事をしながら、ラジオで応援でしたが、点の取り合いのすごい試合でしたね

是非二回戦も、頑張ってほしいですね


それでは、本題

少し前に、嫁入りして売り切れとなっていましたリングを

再販用に、新たに加工していましたので、その時のダイヤの石留めの様子をご紹介!


【血赤珊瑚 サンゴ リング プラチナ Pt900 無染色 SANSUI】
sa-1332-7.jpg



石留の方法もいくつかありますが、

今回は、オーソドックスな爪を使った石留です

まずは、写真の工具にリングを固定します。

この工具は、ダルマと呼んだりしますが、リングを固定し

その本体が、自由自在に角度や向きを変えれるようになっています


3.jpg


リングは、こんな感じに

青いのは特殊な樹脂で、お湯につけると柔らかくなり

水で冷やすと固まる素材です。

柔らかくして、リングの内側に入れ動かないように形を合わせてから

冷やして固めたものを、ダルマに挟んで固定します


2.jpg

そして、両脇のメレダイヤを入れる部分にダイヤを留めていきます

今回は、1/30というサイズのメレダイヤです。

我々は、メレダイヤのサイズは、1/100(100パー)、1/50(50パー)、1/20(20パー)と呼びますが

これは、100個で1ctのサイス、50個で1ct、20個で1ctという意味です

今回は、1/30ですので、30個で1ctのサイズです。

そしてそのダイヤを枠にセットし爪を倒します。

この爪も長すぎるとダイヤが隠れてしまい、短いと外れやすくなりますので

程よい長さにカットし、成形します。

写真の工具は、先端に丸いくぼみがあり、この工具で

爪の先端をグリグリとすると、丸みのある爪になります。

グリグリして、玉のようにするからでしょうか

この工具は、玉グリなんて呼びます~(笑)


5.jpg

そして、布バフで研磨すればリングの出来上がりです

1.jpg


あとは、このリングの枠に合わせて珊瑚を

研磨し、セットすれば出来上がりです~!


写真は、スマホで撮影した物を使っていますが

ピントが合ってないですね~
と言いますか

見せたい所じゃなく、別の場所にピントが(笑)

最後の写真も、リングではなく、全く必要ない私の指に・・・(笑)

ご容赦ください(笑)


スポンサーサイト



[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

バレル研磨~ 

2018/02/04
Sun. 12:17


昨日はは、節分でしたね

皆さんも、豆まきしましたか?

珊瑚 バレル

写真は、昨日の豆まきの~、

ではなく(笑)

グレーの丸い玉は、砥石で 赤いのは、珊瑚です!

これを、ガラガラとバレルに入れて表面の研磨をします!



[広告] VPS





最終的には、仕上げに布バフを掛けますが、

バフを強くかけると、摩擦熱が発生してしまうため

バフの負担を減らすため、先にバレルで表面の細かな凹凸をなくします!

ただ、長時間かけると、角も丸くなるため

ルースの形状や状態によっては、

バレルを使わない場合もあります

ケースbyケースですね~!



[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

血赤珊瑚ネックレス~ 

2017/11/18
Sat. 21:32



珊瑚でネックレスを作る場合、沢山の玉を作り

その中で、綺麗な玉を選り抜き

色の合いそうな玉を、それぞれ何本かに振り分けて作る場合もありますが

これは、安い素材の時だけ出来る方法で

血赤珊瑚のような高い原木になると、いくら資金があっても

足りなくなってしまいますから

作るとすれば、リングやピアス用に作りながら

ネックレスに向いた玉を、少しずつためていくしかありませんが

その方法でも、今はかなり難しくなっています。

私の所にも、何本かはありますが

これが、無くなると後は・・・

少し、貯めている物もあるにはありますが

まだ、全然足りず、一向に増えません (-_-;) (笑)


今後は、血赤珊瑚では枝をそのまま利用したネックレスや

所々、玉を入れたステーションタイプや、

チェーンに玉を通した、スルータイプみたいな物しかできなくなってきそうですね


血赤珊瑚ネックレス



血赤珊瑚 ネックレス
赤珊瑚 ネックレス
血赤珊瑚 ネックレス
血赤珊瑚ネックレス
血赤珊瑚ネックレス
血赤珊瑚 ネックレス
血赤珊瑚 ネックレス 
赤珊瑚ネックレス






[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

スカッチ~ 

2017/08/23
Wed. 11:26



以前に紹介しました、ガーネ珊瑚の玉を

一つリングにして、アップしましたのでご紹介します!

こちらは、火炎状の模様ではない方ですが

こちらも、とても神秘的な感じで綺麗です



sa-1287-1.jpg

火炎状のもと比べると、色の濃淡の境界線がハッキリしていない感じですが

色が、グラーデションに混じりあって、とても綺麗です。


こういう色合いをスカッチと呼んだりしますが

もう一つ、珍しいスカッチをご紹介!

赤ボケ珊瑚のスカッチです

赤ボケは、このブログを読んでいた大いる方はもうご存じだと思いますが

その赤ボケが、スカッチ状になった珊瑚です。

透明感も強く、とても綺麗です


sa-1286-1.jpg
こちらの珊瑚は小笠原産です

言い方を変えれば、東京産!

まさか、日本の首都の東京で、この珊瑚が採れたなんて誰も思いませんよね!


[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

珊瑚の原木 

2011/05/09
Mon. 21:31

気が付けば、GWも終わり

早くも5月9日

そろそろ更新しとかないと、ズルズルとサボってしまいそうなので

頑張って更新!

最近は、珊瑚の加工に関しての解説を、あまりしてなかったので

久しぶりに、ちょっと解説


まずは、珊瑚原木の断面

写真は赤珊瑚の原木です

このブログを読んで頂いている方なら、すぐ分かると思いますが

中心には、白いフがありますね

赤珊瑚原木

実は、原木の中には、この白いフが片側に寄った

通称「片フ」と呼ばれる原木が有るのです

下の写真が、その片フと呼ばれる原木の断面

赤珊瑚原木片フ

片側に寄っているのは、潮流の影響だと思いますが

この、片フが、入札で高く評価される要素の一つとなります

(他には、大きさ、色、色ムラの有無、キズやヒの有無など)

なぜ、この片フが高く評価されるかというと


○印を入れてみましたが、分かりますか?


実は、玉を作る場合は、この片フの原木を使って作られます

白いフが片側に寄っている事で

玉に加工した時に、白いフが下側の一部、もしくはフのない玉が出来るのです

写真の原木も、もう少し寄っていれば、フの無い玉になりそうですが

このぐらいなら許容範囲でしょうか

赤珊瑚原木片フ


そして、もう一つ

片フの原木では、枝も真横よりは、下側(裏側)から出ています

小さい枝にもフがありますから、これも下側(裏側)になり

綺麗なルースが出来やすくなります

写真の原木はは、色も濃く血赤珊瑚と呼べる色で

しかも片フですね。

赤珊瑚原木



いいことばかりの、片フの原木ですが

値段もそれなりに・・・

そして、その原木からできる玉のお値段も、それなりに・・・


カボッション等と比べると、玉は割高に見えますが

実は、特別な原木から作られているんですよ



血赤珊瑚の枝や玉のルースも販売しています!

血赤珊瑚 玉
血赤珊瑚 16mm玉
血赤珊瑚 玉
血赤珊瑚 12mm玉
血赤珊瑚 枝 原木
血赤珊瑚 枝ルース
血赤珊瑚 枝 原木
血赤珊瑚 枝ルース




[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2019-09