Precious coral SANSUI

ジュエリーの事、宝石珊瑚の事、そして地元高知の事 などなど・・・

解体ショ~ 

2011/07/29
Fri. 01:07


解体ショー、と言っても

マグロじゃないですよ

もちろん珊瑚

以前に紹介した赤ボケ珊瑚の原木の一部を加工するために

切断したところです

004a_20110728233900.jpg

以前の写真を見て、気が付いた人はいるでしょうか

実は

このピンク色の珊瑚の根元部分は赤い色をしているのです

岩にくっ付いていた部分

005a.jpg

これは、一度死んでしまった赤珊瑚を住処に

その上に、赤ボケ珊瑚が成長したもので

二代木と呼ばれますが、赤ボケ自体が珍しい珊瑚ですが

その二代木!超レアな原木です

ただ、問題は

一度死んでしまった物の上に、別の珊瑚が成長したと言う事で

断面が、あまり綺麗じゃない事が多いのです

ある程度は、想定して買っていますが

赤珊瑚がどこまで残っているのか

どの程度使えるのか

実際に切ってみないと分からない部分もあります

見える部分で、だいたいの判断をして

根元の少し上で切断すると

006a.jpg

二代木になっているのは、この辺りまでのようです

予定では、ここから綺麗なピンク色の珊瑚が取れる予定でしたが

小穴が沢山・・・ 

根元に近い部分は、二代木ではなくても

こういった、小穴がある事が多いです

海底に近いせいで、成長途中で海底の泥などが舞いあがった物が

付着するせいだと思いますが

大きなルースに綺麗な物が少ないのは、こういった事も有るからなのです


ただ、幸いにも少し上は綺麗な断面

010a.jpg

いいルースが出来そうです


そしてもう一つ気になるのが

赤ボケ珊瑚に包まれている赤珊瑚

根元部分、二番目の写真を見ると

もしかすると、綺麗な赤珊瑚が中に残っている可能性も

なんて事も

分かる人には分かるんです

で、一部を切断~

007a.jpg

009a.jpg

外側部分を削り取れば

使えそうです

赤とピンクが、まだらになっている感じですが

これはこれで、面白いものが出来そうです


珊瑚の原木は、同じ物は有りませんから

今までの経験の中から、内部を想像しながら

その珊瑚の美しさを、最も引き出せるように研磨していかなければなりません

同じ原木でも、場所によって状態も様々

人間の都合には合わせてもらえませんから

やみくもに加工したり、身勝手なデザインに合わせていたら

貴重な珊瑚を台無しにしてしまうことになりますね


今後は、ますます貴重になりそうですから

更に、経験や知識、技術が重要です

加工する側も、レベルアップしないといけませんね




ちなみに

断面にキズのあったピンク色の部分で造ったルースです

013a.jpg

裏側は、キズがありますが

表はとても綺麗な

クッションカットのようなルースが出来ました

014a.jpg


実物は、もっと綺麗ですよ 






[edit]

CM: 1
TB: 0

page top

フクロウ 

2010/05/12
Wed. 00:10

最近、更新のペースが遅く

気がつけば、GWも終わってしまいました

そろそろ更新しなければと・・・


今日はいつもと違う素材でちょっと
遊んでみたので、そのことでも


これは、黒蝶貝の貝殻です。

うちは珊瑚を専門に加工しているのでほとんど使う事はありませんが
なぜか、こんな素材もあったり

005-1_20100511231215.jpg


ゴソゴソと引っ張り出して、何かに使えないかと?

色の綺麗な所や平らな所を切り取った残りの

蝶つがいのくぼんだ所が下の方からいくつか・・・



このくぼみ、おもしろそう~



さっそく、カットし磨いてみました

010-1_20100511231215.jpg


そして

チョコンと


012-1_20100511231215.jpg


まだ、仕上がっていませんが、可愛くなりそ~う 



桃珊瑚のゆりも出来たので、ついでに載せときます

ju-031a.jpg






[edit]

CM: 4
TB: 0

page top

宝石珊瑚 

2010/02/24
Wed. 00:43


先週は、原木の入札があったりで

何かと忙しく、更新もできてなかったのですが・・・やっと更新!!

ちなみに、原木相場は更に上昇、どこまで上がるのでしょう?


そして、マグロの陰に隠れていますが

来月にはワシントン条約では珊瑚の規制についても協議されます


規制の内容は、採取出来ないとか輸出入出来ないとかではなく

輸出入する場合に、新たな手続きが必要となるものです

事前に、各分野の専門家が集まって協議されるFAOの会議では、規制の必要は無いとの結論で

ワシントン条約では、各国がこのFAOの結果を参考にしながら協議し

最終的には、投票によって決定されます。

どうなるのでしょうか?


ここで騒いでも、どうにもならないでしょうから

また結果がでましたら、報告します。


そんな、原木の高騰、ワシントン条約のこともあり

最近は、更に珊瑚を大切に加工しなければと思うのです

下の写真は、バラの彫刻をした珊瑚

005-1_20100211200749.jpg

丸く柔らかいラインと直線的で平面的なライン


素材も違いますが、彫刻にかけた時間も違います

当然、値段も違います

安い方がいいと言う人も、高くても綺麗な方がいいと言う人もいるでしょう


それと流通を考えれば、同じサイズ、同じ品質で数をそろえる方が
販売にかかるコストは安くなるという背景もあったり


ただ、それぞれ大きさも形も色も違う貴重な珊瑚

これは、玉にしない方がいいのになー・・・とか
もう少し手間をかければ・・・とか、思ってしまう物を見ると
もったいないなーと思ってしまいます。


素材の持ち味を生かし、綺麗な状態で世に送り出してあげたいと

破壊者では無くクリエーターで!




ツイートボタンブログパーツ

[edit]

CM: 4
TB: 0

page top

珊瑚の彫刻 

2010/01/26
Tue. 17:42

[珊瑚] ブログ村キーワード


今日は、珊瑚の彫刻を動画で紹介します





他の水晶などの宝石を彫刻する場合は、彫刻する工具は固定した状態で

石を手で持ち、石の方を動かしながら、彫刻することが多いと思いますが

珊瑚の場合は、工具を手に持ち珊瑚も多少動かしながら、削っていきます


なぜこういうスタイルになったかは、分かりませんが
珊瑚は硬度が低い分、手持ちが楽なのかな・・・

とはいえ、珊瑚を固定した工具で削った事も、水晶を削ったこともありませんが



前置きは、この辺にして珊瑚の彫刻シーンです。

ちなみに削っているのは私の父親です

歯医者さんが苦手な人は、ボリュームは小さめで (笑)





ダイヤの粒子がついた工具で、大まかに削っているところです

珊瑚の場合、中が見えないので削っていると穴が出て来る場合もあるので

油断大敵

そんな時は構図を変えたり、小さくしたり、
どうにもならない時は、仕方なく安く売ったりと
ケースバイケースです。






[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

白珊瑚リングの石合わせ 

2009/12/17
Thu. 18:38


今日は、高知も寒い~

山の方では、雪が降ったとか、これから降るとか?

かなり、あいまいな情報ですが・・・



今日は

珊瑚の石合わせを紹介しま~す

合わせるのは、このホワイトゴールドのリングです

気付いた人は、居るでしょうか
少し前に磁気バレルに入っていたリングです


001-1.jpg

珊瑚は白珊瑚を使います

切断し荒削りが終わったところで
写真撮るの忘れてたー

とっ

あわてて、カシャッ

ちょうどいい、サイズの原木です

006-1_20091210005523.jpg


リングのアールにあわせて、ダイヤモンドの工具で削っている所です

009-1_20091210005523.jpg




007-1_20091210005523.jpg


何度も、リングに合わせながら
少しづつ、削っていきます

011-1_20091210005523.jpg

リングとの接地面が、ほぼ完成

012-1_20091210005523.jpg


まだ、上の面が一回り大きいので

リングに合わせて、表側を削ります

指もすっかり、真っ白に

この粉は吸い込んでも、害はありませんが

冬場は、手や顔に付くと粉に水分を奪われてしまうので、カサカサになってしまうのが難点
でしょうか

014-1.jpg


石合わせは、ほぼ終了~


013-1_20091210005726.jpg



完成すると、こんな感じに!

こっちは、18金に深海珊瑚バージョンです


005-1_20091216222911.jpg


かなり、ボリュームのあるゴツメのリングですが

個人的には、こんなゴツメのリングをさりげなくしている女性を見ると

カッコイイー、と思ってしまいます

あっ、あくまで威嚇のためではなく、さりげなくですよ!(笑)




[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2017-08