宝石珊瑚のSANSUI

ジュエリーの事、珊瑚の事、そして地元高知の事 などなど・・・

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

珊瑚の採取海域 

2011/07/06
Wed. 17:36


昨日、珊瑚の採取海域について少しお話したので

今日は、その補足を

現在、高知県では、室戸岬周辺と足摺岬周辺・宿毛湾近海の許可された海域のみで

採取がおこなわれています

下の地図の、左側が昨日紹介した足摺岬から宿毛湾

右側が室戸岬で、どちらも赤い線の内側が、採取が許可されている海域で

方位などによって、細かく決められています。

また、採取に使われるロープの長さも300メートルと決められています

船舶免許をお持ちの方なら分かると思いますが

真下に沈めても、潮の流れでロープは斜めになりますから実際は

300メートルよりも浅い海域でしか採取できませんので

あまり沖の方まで行っても、漁具が届かないと言う事になります

mfrxh001a3.jpg


覚えていますか?

昨日の紹介した釣りのポイントは、ちょうど足摺岬の先端あたり

110703_114329a.jpg

この写真の、後ろに映っている岬の先が境界線となり

それより向こうが許可されている海域となります

私が釣りをしていた所の沖は、禁止海域ということになります


今後は、期間や時間帯など、更に規制が厳しくなるそうです

ますます貴重な宝石となりそうですが

乱獲して、取りつくしてしまってはいけませんし

永く後世まで、綺麗な珊瑚の採れる海として、残していかないといけませんね。








スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

 

2010/11/27
Sat. 23:28


気が付けば、今年も後ひと月ちょっと

最近は、ブログの更新をさぼり気味ですが

これまで、沢山方に訪問していただいたり、コメントを頂いたり

又、工房におじゃませて頂いたりと、沢山の方との出会いが有りました

ありがとうございました

なんて書くと、なんかブログを止めてしまうような感じですが・・・

そんなことはありませんよー 

ただ、皆さんも人との出会いに、不思議な縁を感じる事が有ると思いますが

珊瑚に限らず、宝石を扱っている人は

宝石にも、不思議な縁を感じる瞬間があります


実は今週、珊瑚の原木の入札が有ったのですが

そこで、このところよく記事にした、赤ボケ珊瑚が出ていたのです

色も綺麗で、ひと眼見てこれ欲しい~と思ったのですが

そこは、入札!

オークションなどと違って、後から値段を上げる事の出来ない

一発勝負

他の人が一円でも高い値段を付けていれば、買うことはできません

しかも、めったに出る事のない赤ボケです。


結果はといいますと

運よく2番目の方と数千円の差で、私の手元に 

赤ボケ珊瑚原木


撮影の腕がわるいので、ちょっとくすんで見えますが

肉眼で見れば、もっと綺麗ですよ。


どこか不思議な縁を感じる原木

見た感じでは、何を作っても綺麗な物が出来そうですが

人が手を入れる以上、この珊瑚の持つ美しさを最大限に引き出せるよう

何を作るかは、しばらく考えてからにしようかと思います。




それにしても、珊瑚の値上がりはすさまじいものがあります

入札の度に値が上がり

以前に載せた、このあたりも倍以上の金額を出さないと買えない状態で

http://jewelrykazu.blog105.fc2.com/blog-entry-94.html

これからどうなる事か・・・ 









[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

秘蔵!これも赤珊瑚 

2010/11/13
Sat. 20:13


昨日は、色が薄~いピンク色の赤珊瑚、赤ボケ珊瑚のペンダントを

紹介しましたが

今日は、更に色が薄く白い色をした赤珊瑚の原木を紹介します

白い赤珊瑚ってー なんだそれ?って感じでしょうが

こちらが、秘蔵の(笑)白い赤珊瑚の原木です

012-1_20101113200849.jpg



ただの白珊瑚じゃないの?

と思われると思いますが

白珊瑚(右側)と並べると、ご覧のとうり

011-1_20101113200902.jpg


うっすらと少し赤みが残ってる感じで、透明感も強いです。

ここまで色が薄いと、はたして赤ボケと呼んでいいのか分かりませんが・・・

勝手に呼び名を付けちゃいましょうか?何かいい呼び名ないですかねぇ?笑


それにしても、とても上品な色をしていると思いませんか?

まだ、何を作るか考えてませんが

いずれは、何か製品にしたいと思っていますので、お楽しみに!






[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

赤珊瑚 

2010/06/06
Sun. 19:26

久しぶりの更新ですが

いきなり問題です!

下の3つのサンゴは何珊瑚でしょうか?笑

062-1.jpg


ちなみにこちらは

067-1.jpg

右から、ミッド、ミス、そして左端はガ-ネと呼ばれています

ガ-ネはまだ紹介してませんので、詳しくはまた今度載せたいと思いますが
ハワイなどで採れていた珊瑚です。



では、問題のサンゴに戻りますが

右端は分かりますよねー
赤珊瑚です

では、真ん中は・・・?

実はこれも色の薄い赤珊瑚!

そして、左端も更に色の薄い赤珊瑚で~す

以前に、桃珊瑚でも薄い色から濃い色の原木を載せた事がありますが
赤珊瑚にもこれだけの色の幅があります

さすがに、これだけ薄い色の赤珊瑚は珍しく
真ん中と左ぐらいの色は、「赤ボケ」などと呼ばれていますが
原木の入札でも、ほとんど出る事がありません


065-1.jpg

写真では分かりにくいですが
この赤ボケは、他のピンクの珊瑚と比べると、透明感があります
出来ればルースも載せたいところですが
残念ながら、この原木しかないので
いつか、この原木が製品になるまでお待ちください

これは、以前に載せたサクランボのルースです
これも色の薄い赤珊瑚ですが、これのもう少し色が薄くなった感じになります

赤珊瑚

ただ、珊瑚は赤ボケや桃珊瑚のボケ、血赤など色の濃さや薄さによって
いろんな呼び方をされていますが

これには、これ以上薄ければとか濃ければなど、決まった規定もないのです

血赤やボケというと、値段が高いイメージがありますが
色の濃い血赤でも、傷のある安い物もありますし、いろが薄くても綺麗な物もありますから
購入される時は、沢山の商品を見比べ、予算や好みに合わせて購入されるのが
一番ではないでしょうか


また、ミッドやミスなどの珊瑚も、一まとめに赤ボケと呼ばれる事もあります
これは、発見された時に、赤珊瑚がボケたような色の珊瑚ということで
そう呼ばれているのでしょうが、それぞれ価格が違いますから注意が必要です!












[edit]

CM: 4
TB: 0

page top

かぐや姫? 

2010/02/14
Sun. 10:16


前回の続きのような内容ですが

下の写真は、二股にわかれた赤珊瑚の根元部分

すでに、半分に切断していますが

中央に白く、何かが取り込まれている気配・・・


003-1_20100213174011.jpg


なんと

切断すると、中から・・・・なんだ??

巻貝!



011-1_20100213174011.jpg


タケノコにも見える

もしかして、かぐや姫ーー!? 




ツイートボタンブログパーツ

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

2017-06

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。