Precious coral SANSUI

ジュエリーの事、宝石珊瑚の事、そして地元高知の事 などなど・・・

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

高知~ 

2017/11/13
Mon. 16:51


皆さん、こんにちは

実は、当店は卸売もしています

今週は、県外から取引先のお客さんが来ていましたので

高知をご案内しておりました~

少し前にも、高知に遊びに来て珊瑚に興味を持っていただいて

当店にご注文頂いたお客さんもいましたので

その逆、珊瑚に興味を持っていただいて、高知に遊びに来られる方もいるかな~

と、その時の模様をちょっとご紹介!

まずは、ひろめ市場!

最近は、有名になり高知に来られると立ち寄る方も多いと思いますが

屋台村みたいな感じの施設で、食べ物も多種多様で、昼間からお酒が飲めます~(笑)

高知城も近く、夕食までに少し時間のある時や

夕食を済ませて、散歩がてらライトアップされた高知城を見て

ここで、もう一杯もいいと思いますよ!

写真は、やいろ亭という、鰹のたたきが美味しいお店です。



鰹も自然の物ですから、日によって当たり外れはありますが

ひろめ市場の中でしたら、ここが間違いないでしょう~!



鰹のたたきを食べながら、自分の仕事と共通点も

鰹も、もっと規模の大きい所もありますが

沢山の鰹を安定供給しようとすれば、少し質を落とすしかなく

そこで、味の差が出るんだろうな~と

時々、当店のレビューでも、いい商品はすぐに売り切れてしまう~

と、コメントを頂きますが、これをテレビショッピングのように

一度に沢山の方に販売しようとすると、少し質を落として数を確保しなければいけなくなります。

当店も、テレビショッピング用や各地にお店があるようなブランドさんからも、珊瑚を頼まれることもあります

どちらも、よりよく均一の品質で用意しようと努力されていますし、決して、悪いものではありませんが

それ以上のいいものは、数が集まりませんから仕方ない部分でもありますね。

ホントにに良い物は、沢山は出来ませんが

小規模なネット販売だからこそ数少ないいいものがあると思っていただければ幸いです。

少し話がそれましたが


翌日は、たたきをお土産に買いたいという事で

高知市内から、車で一時間ほどの中土佐町久礼にある大正市場へ~





ここでは、買った魚をその場で捌いて頂いて、その場で食べることもできます。

県外発送もしてもらえますので、是非~

また、市場の周りも古くからの漁師町で、国の重要文化的景観に選定されています

周辺を、散歩しても風情がありいいですよ~

あと、年配の方ならご存知かもしれませんが、土佐の一本釣り(青柳裕介)という鰹漁師さんを題材にした

漫画の舞台になった場所でもあります~

そして、市場を出て次は四万十川へ~

といっても、ちょっと遠いんです~さらに車で二時間弱~

お目当ては、川のほとりにある、四万十屋さんの

四万十川の天然ウナギ~


今回は、ちょっと小ぶりの身がしまった感じの、野趣あふれたお味でした~

時には、よくある養殖より一回りぐらい大きなものが食べられる時も!

これも、天然ならではの楽しみですね~

後は、青のりのてんぷらや、ごりのから揚げ、川エビのから揚げも~

その川エビも最近は少なくなって、しばらく禁漁にするニュースが流れていましたが

しばらく食べれなくなりますね~なんて会話をしながら

さて、高知市内へ~

夜は、アンコールでまたひろめ市場に~

そして鰹のたたきも!

一口食べて、あっ昨日より美味しい~

やはり天然もの、日によっても味が違ってきますね~

なんて食べてると、隣に熊本から観光に来たご夫妻と相席に~

これもひろめ市場の楽しいところ!

去年、熊本にふるさと納税の寄付をして、馬刺し送ってもらって食べましたけど

美味しかったですよ~(もちろん楽天から 笑)などなど

観光案内もしながら、談笑していると



まぁ、トイレにも行きたくなりますよね~







そして、トイレから帰ってくると、なっ、なんと隣にこの方が座っているではありませんかー!

 




柄本明さんです~!

写真は、ちゃんと許可をもらって、柄本さんもカメラ目線で答えてくれたのですが

こっちがテンパってて失敗、あわてて取り直すと

柄本さんは、すでにたたきを食べようとしていました~の写真です(笑)

何の仕事ですか?って聞くと、大人の仕事~と言っていましたが

柄本さんの息子さんが、 奥田瑛二さんの娘さん、安藤さくらさんと結婚していますが

そのお姉さん、安藤桃子さんが、以前高知を舞台にした映画を撮影し、

その縁で、今は高知に移住し、最近高知でプロデュースしたミニシアターがオープンしたばかりですから

それを見に来たのでしょうねー

いやー、こんな事ってあるもんですね~

四万十川までの運転の疲れも一気に吹っ飛びました!


長くなりましたが、もし高知に来ることがありましたら参考にしてくださいね~


スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

赤い色 

2011/12/22
Thu. 23:30


もうすぐ、クリススマスですね~

なんて思っていると、ラジオで言ってましたが

小さな子供に贈るプレゼントで一番人気のあるのがアンパンマン関連

だそうです。


小さな子供は暖色系の色が好きらしく、この色にも人気の秘密があるようですが

アンパンマンの服は赤色ですね!


色によって心理的な影響が違うようですが

これは、色によって波長が違うためで、それが視神経→脳に伝わるためとか

物のイメージから、その物の色が同じイメージとして感じるためらしいですが


色の波長の違いは、昔理科で習ったと思いますが

プリズムを通った光が虹色に分散するのを覚えていますか

これは、波長によって屈折率が違うためですが

身近なものでは、雨上がりに虹が出ることや

ダイヤモンドのカット面に虹色の輝きが出るのもそのためです

物の色のイメージは、雪=白=冷たい、といった所でしょうか


それでは、アンパンマンの赤色はというと

気分が高揚したり、元気が出る色だそうです。


そして、珊瑚にも赤いサンゴがありますね

珊瑚は、安産のお守りとも言われますが、実際はどうでしょう

子供の幸運や健やかな成長のお守り

そして、ローマ時代には十字軍の兵士が珊瑚を身に付けて戦場に行ったとも言われていますが

個人的には、迷信などはあまり信じない方で、

珊瑚にそんなパワーは無いだろうと思っていますが←売る気あるのか(笑)

医療の発達していない、昔の出産と言えば、命懸け

生まれたばかりや小さな子供が亡くなることも多かったでしょう

そして戦場も、命懸け

そんな時代に採られていた珊瑚は地中海の赤いサンゴだけですから

もしかしたら珊瑚ではなく、珊瑚の赤い色にそんな力があるのかもしれませんね 


jd-020aa.jpg


ちなみに、ピンク色は優しい気持ちになったり、最近では「女性ホルモン」の分泌を促すとも言われていますね

デイリーには、ピンク色の珊瑚

少し落ち込んだり、元気のないときは赤珊瑚なんて使い方もいいかもしれませんね


ちょうど、高知はアンパンマンの作者、やなせたかしさんの出身地ということで

アンパンマンミュージアム

http://www.anpanman-museum.net/index.html

がありますから

クリスマスプレゼントに、お子さんを連れて高知のアンパンマンミュージアムへ

そしてついでに、旦那さんに珊瑚をプレゼントしてもらうなんてどうでしょう? 



それでは、皆さん楽しいクリスマスをお過ごしください!




[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

第50回記念 日本現代工芸美術展 高知巡回展 

2011/08/28
Sun. 20:44


土曜日から、高知市のかるぽーとで

日本現代工芸美術展 高知巡回展が開催されています。


日本現代工芸美術展


月日:8月27日(土)~9月4日(日)
時間:9:00~19:00、
(会期中無休/初日10:00開場/最終日14:00時閉場)

場所:高知市文化プラザ [ かるぽーと市民ギャラリー ]
      〒780-8529 高知市九反田2-1
      TEL:088-883-5011

入場料:500円(前売り400円、高校生以下無料)

高知巡回展では、日本の工芸界を代表する文化功労者、日本芸術院会員を始め、
現代工芸分野で活躍する作家作品や、第50回記念展の審査員、受賞作家の基本作品など83点に、
四国各県の出品作品を加え、合計119点の独創性に富んだ作品を展示。


詳しくは、こちら
http://www.iam-f.com/gendai/2011/index.html




お時間のある方は、ぜひ足を運んでみてください~ 



[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

釣り~ 

2011/07/05
Tue. 21:14


日曜日に、久~しぶりに釣りに行って来たので

そのレポートでも

行ってきたのは、黒潮がかすめる高知の最南端

足摺岬(あしずりみさき)

よく台風が来るとニュースで流れる所です


そして、釣りバカ日誌の高知編でロケが行われたのも

この辺りの磯です

mfrxh001a2.jpg


上がった磯は、椎ヶハエ

狙うは、石鯛!

と格好よく言っても、底物はこれで3回目

前回2回は、坊主・・・ 

何でも釣れればいいか~


*知らない人のためにちょっと解説
 大まかに分けると、磯で浮きを付けて、海面近くの魚を狙う釣り方を上物
 大きなおもりを付けて、底にいる魚を狙うのを底物と呼びます

 今回は底物で、主なターゲットとなるのが、石鯛とイシガキダイという訳です




竿を出してるのが、船着きのポイント

黒潮の反転流が正面から入れば、釣れる確率アップとか

でも、当日は逆・・・ 

とは言え、朝からツンツンと

あっという間に、餌のウニが取られる状態

犯人は、ガキかぁ(小さなイシガキダイ)?などと話つつ

懲りずに打ち返していると

時折、穂先をグイ~ッと

黒鯛の掛かり釣りはよく行っていたので

感覚的には、それと似たようなもんだよ~とは聞いていましたが

なるほどなるほど!

結果40ちょっとから35ぐらいのイシガキを、3人で計5匹

私もそのうちの2匹を

小さいですが、個人的には十分楽しめた一日でした

110703_114245a.jpg


ちなみに、同じ磯に上がった

上物のお客さんは、ルアーとカゴで

シイラに、ネイリ(カンパチ)、スマガツオとクーラーいっぱい釣っていましたよ~



あまりいい写真が有りませんでしたが

こちらが、沖側、太平洋~

実は、この辺りから西にかけての海域で

珊瑚の採取がおこなわれているんですよ

帰りに通った港でも

珊瑚の網を積んだ船が沢山ありました


110703_141510a.jpg


陸側~

110703_114329a.jpg


そして、釣った魚の写真はと言いますと・・・

撮るには撮ったのですが

帰って見ると保存し忘れてたみたいで、なぁ~い 

気が付いた時には、魚は私の胃袋の中に、残っているのは骨だけ・・・


まぁ、次回もっと大きいのを釣るからいいか!(笑)



[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

カレントクラフト展 

2011/06/26
Sun. 20:31


毎年この時期にご紹介してる

カレントクラフト展

今年も、開催されますよ~



現代の工芸
第24回
カレントクラフト展
テーマ制作:「あい」

--------------------------------------------------------------------------------
7月14日(木)~7月19日(火)
午前10時 ~ 午後7時30分  最終日は午後4時閉場

高知大丸 本館5階
〒780-8566 高知市帯屋町1-6-1 TEL:088-822-5111







出品作家(13名)
石川充宏[鍛金]/池田浩子[ジュエリー]/植木栄造[ガラス]
岡本 玲[彫金]/熊澤希山[珊瑚]/西  緑[染織]
西田宣生[磁器]/野町佳代[染織]/橋村一彦[陶器]
橋村るみ[陶器]/藤田浩徳[鍛金]/山崎 道[鍛金]
山本浩司[木工]/轍 郁摩[七宝]


各作家が新作5点(テーマ作品は1点)以上を出品されるそうです。

詳しくはこちらをご覧ください 
http://www.iam-k.com/current/2011/index.html


お時間のある方は、ぜひ足を運んでみて下さいね。




[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2018-06

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。