Precious coral SANSUI

ジュエリーの事、宝石珊瑚の事、そして地元高知の事 などなど・・・

珊瑚の切り株~? 

2009/10/28
Wed. 20:08

珊瑚の切り株


写真をみて、切り株のかたちに彫刻したの?って、思う方もいるでしょうが

これは、実際に珊瑚の根元の部分を、そのままの形で研磨したものなんです

木とそっくりだと思いませんか?

なので業界でも、この部分をカブと呼んでいます

赤珊瑚

それと、うっすらと年輪のようなものもあるのが分かりますか?

さすがにこれは、木の年輪のように一年ごとに増えるわけじゃなく
長い年月の間に、水温や水質の変化で、できるものだと思いますが
まだ、ハッキリとした事は分かってないのです?謎
さすがに、深海には陸上のような四季はないでしょうからね?

この年輪みたいなものは、マキと呼んで
よく、マキがあるとか、ないとかという言い方をします

当然、このマキのない物の方が、ルースにした場合
色むらのないものが出来、価格も高くなります



そしてひっくり返すと、裏側にはくっ付いてた石のなごりが

赤珊瑚


そして、真上から

実は、一か所ヒビが入っていたのですが
そこは、いさぎよく溝を彫ってみました


赤珊瑚

ついでなので、ちょっと『 ヒ 』の説明を

このヒは、研磨する段階で熱や衝撃によって入る場合もありますが

実は、採取された時点で入っている場合も多いんです

これは、採取された時に折れた衝撃や、100m以上の水深から引き揚げられますから
その時の、水圧の変化が原因だと考えられています

そんな原木の場合は、ヒの部分を削って小さいルースにするか
残してそのまま使うか?
ケースバイケースというところでしょうか


あと、玉などになったものでは分かりずらいですが
面白いのが珊瑚のヒも、木の切り株と同じように
中心に向かって入り、中心で止まることが多いです!不思議?
(ちなみに、強い衝撃の場合は、不規則に入ります、さらに強い衝撃だと粉々に・・・笑)


この写真のヒも、通常、使用してもこれ以上ひろがることはないでしょうから
通常、使用して割れたりすることはないと思うので

このままの形で、何か作ろうかと思ってま~す



真ん中に、金床付けると面白いかなぁ・・・?冗談ですよ




ちなみに、まるたの上に付いているのが金床です

金床

この上で地金を叩いたりする道具です!



[edit]

CM: 4
TB: 0

page top

ちょっと一杯? 

2009/10/25
Sun. 13:02



毎月、同じ宝飾の加工をしてる仲間で集まって飲み会があるのですが

今回は、久しぶりに知り合いの、沖縄料理のお店に

高知の方しか、わからないでしょうが、イオン高知の西口の交差点を
西に50メートルほど行った所にある 『てぃだ食道』です

ここのマスターとは、数年前に釣りがキッカケで知り合ったのですが
いつの間にかダイビングにハマり、しばらく沖縄に移住~
そして、また数年後、高知に戻ることになり、
沖縄料理の、お店を始めたという経歴の持ち主

食材も、沖縄から取り寄せてるため
台風で、食材が届かない時は、お休みです

うみぶどう、島らっきょう、トウフヨウ、
タコライス、ラフティー、グルクンのからあげ、マンゴウアイス・・・
どの、料理もおいしく、もうメニューを見なくても頭に浮かんでくるほど

こちらは、ちょっと変わったゴーヤのオムライス

20091022194010.jpg

個人的には、ソーメンちゃんぷる、しまらっきょ~


それと、これ

宮古島で作っている泡盛
あまりクセがなく、飲みやすい泡盛です

ついつい飲み過ぎてしまいますが・・・

091022_192016.jpg

ロックで一杯~





[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

実りの秋です! 

2009/10/20
Tue. 23:40


前回の、蝶々のペンダントに続き

こんな、原型も製作中~

004-1_20091020172408.jpg


なんだこれ?って感じでしょうが


珊瑚を付けると、こんな感じに


009-1.jpg


写真の珊瑚は直径が10㎜程度
以前に作ったリンゴの、縮小バージョンです


まだ、こちらも原型段階なので

完成したらまた載せますねー にかー!


[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

只今、製作中~ 

2009/10/13
Tue. 19:14


最近は、商品の紹介が多かったので

久し振りに、加工工程の紹介を


shopがオープンしてから、もうすぐ二か月になりますが
いろんな反応をみると、ピンクの珊瑚を使った
可愛いアイテムが人気があるようなので

そんなアイテムを追加しようかと

まずは、シルバーで原型作り

こんな角棒と板を使って製作~

003-1_20091013175410.jpg


とはいえ、本来はこんな銀のツブツブを溶かすところからですが

純銀笹ぶき


これは、純銀のツブツブで、純銀のままだと柔らかすぎるので
これに銅を混ぜて溶解します
(銀 92.5% 、 銅 7.5%の割合で混ぜられた物が、silver925スターリングシルバーと呼ばれ
 一般的にアクセサリーなどに使われる地金になります。)


下の写真の右上にあるのが、チョコ皿といって、この皿でバーナーを使って地金を溶解します

そして、中央に写っている黒い物体が、あけ型といって
この、中央部分に溶かした地金を流し込み、ある程度の形を作ります

後は、ローラなどを使って、薄く延ばしたりして、必要なサイズにしていきます

あけ型

と、毎回この工程を繰り返すのは大変なので

実際は、ある程度のサイズにしたものを余分に作っておいて
必要な分だけを、薄くしたり、細く延ばしたりして使います


今回も、以前に作った、板と角棒を使って・・・


まずは、糸鋸を使って板をある形に

糸鋸


そして、ヤスリを使って綺麗に~

ヤスリがけ

角棒も、ある形に・・・


二つのパーツをくっつけてみると、こんな形に

012-1_20091013175410.jpg


まだ、ロー付けはしていませんが、大まかにはこんな感じです
後は、羽と胴体をロー付けして、爪を付けたりすれば原型の完成です

そして、羽の所にさんごが入る予定で~す


まだ原型も出来てない状態なので、商品が完成するまでには
もう少しかかると思いますので、しばらくお待ちを~!






[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

さくらんぼ~♪ 

2009/10/12
Mon. 23:41

今回は、赤珊瑚のさくらんぼです


赤珊瑚といっても、とても珍しい赤珊瑚です

以前に、桃珊瑚のスカッチという種類を紹介しましたが
同じ様に、赤珊瑚で白と赤がマダラになったものです。

特に赤珊瑚は透明度があるため
研磨すると、こんな感じに

赤珊瑚


おいしそう~
この色、艶
本当のさくらんぼみたいです

赤珊瑚さくらんぼのペンダント






楽天市場 『 宝石珊瑚のSANSUI 』にて、販売しています

Jime&Della


携帯でご覧の方はこちらから
http://m.rakuten.co.jp/housekisango/





[edit]

CM: 4
TB: 0

page top

2009-10