宝石珊瑚のSANSUI

ジュエリーの事、珊瑚の事、そして地元高知の事 などなど・・・

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

解体ショ~ 

2011/07/29
Fri. 01:07


解体ショー、と言っても

マグロじゃないですよ

もちろん珊瑚

以前に紹介した赤ボケ珊瑚の原木の一部を加工するために

切断したところです

004a_20110728233900.jpg

以前の写真を見て、気が付いた人はいるでしょうか

実は

このピンク色の珊瑚の根元部分は赤い色をしているのです

岩にくっ付いていた部分

005a.jpg

これは、一度死んでしまった赤珊瑚を住処に

その上に、赤ボケ珊瑚が成長したもので

二代木と呼ばれますが、赤ボケ自体が珍しい珊瑚ですが

その二代木!超レアな原木です

ただ、問題は

一度死んでしまった物の上に、別の珊瑚が成長したと言う事で

断面が、あまり綺麗じゃない事が多いのです

ある程度は、想定して買っていますが

赤珊瑚がどこまで残っているのか

どの程度使えるのか

実際に切ってみないと分からない部分もあります

見える部分で、だいたいの判断をして

根元の少し上で切断すると

006a.jpg

二代木になっているのは、この辺りまでのようです

予定では、ここから綺麗なピンク色の珊瑚が取れる予定でしたが

小穴が沢山・・・ 

根元に近い部分は、二代木ではなくても

こういった、小穴がある事が多いです

海底に近いせいで、成長途中で海底の泥などが舞いあがった物が

付着するせいだと思いますが

大きなルースに綺麗な物が少ないのは、こういった事も有るからなのです


ただ、幸いにも少し上は綺麗な断面

010a.jpg

いいルースが出来そうです


そしてもう一つ気になるのが

赤ボケ珊瑚に包まれている赤珊瑚

根元部分、二番目の写真を見ると

もしかすると、綺麗な赤珊瑚が中に残っている可能性も

なんて事も

分かる人には分かるんです

で、一部を切断~

007a.jpg

009a.jpg

外側部分を削り取れば

使えそうです

赤とピンクが、まだらになっている感じですが

これはこれで、面白いものが出来そうです


珊瑚の原木は、同じ物は有りませんから

今までの経験の中から、内部を想像しながら

その珊瑚の美しさを、最も引き出せるように研磨していかなければなりません

同じ原木でも、場所によって状態も様々

人間の都合には合わせてもらえませんから

やみくもに加工したり、身勝手なデザインに合わせていたら

貴重な珊瑚を台無しにしてしまうことになりますね


今後は、ますます貴重になりそうですから

更に、経験や知識、技術が重要です

加工する側も、レベルアップしないといけませんね




ちなみに

断面にキズのあったピンク色の部分で造ったルースです

013a.jpg

裏側は、キズがありますが

表はとても綺麗な

クッションカットのようなルースが出来ました

014a.jpg


実物は、もっと綺麗ですよ 






スポンサーサイト

[edit]

CM: 1
TB: 0

page top

珊瑚の採取海域 

2011/07/06
Wed. 17:36


昨日、珊瑚の採取海域について少しお話したので

今日は、その補足を

現在、高知県では、室戸岬周辺と足摺岬周辺・宿毛湾近海の許可された海域のみで

採取がおこなわれています

下の地図の、左側が昨日紹介した足摺岬から宿毛湾

右側が室戸岬で、どちらも赤い線の内側が、採取が許可されている海域で

方位などによって、細かく決められています。

また、採取に使われるロープの長さも300メートルと決められています

船舶免許をお持ちの方なら分かると思いますが

真下に沈めても、潮の流れでロープは斜めになりますから実際は

300メートルよりも浅い海域でしか採取できませんので

あまり沖の方まで行っても、漁具が届かないと言う事になります

mfrxh001a3.jpg


覚えていますか?

昨日の紹介した釣りのポイントは、ちょうど足摺岬の先端あたり

110703_114329a.jpg

この写真の、後ろに映っている岬の先が境界線となり

それより向こうが許可されている海域となります

私が釣りをしていた所の沖は、禁止海域ということになります


今後は、期間や時間帯など、更に規制が厳しくなるそうです

ますます貴重な宝石となりそうですが

乱獲して、取りつくしてしまってはいけませんし

永く後世まで、綺麗な珊瑚の採れる海として、残していかないといけませんね。








[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

釣り~ 

2011/07/05
Tue. 21:14


日曜日に、久~しぶりに釣りに行って来たので

そのレポートでも

行ってきたのは、黒潮がかすめる高知の最南端

足摺岬(あしずりみさき)

よく台風が来るとニュースで流れる所です


そして、釣りバカ日誌の高知編でロケが行われたのも

この辺りの磯です

mfrxh001a2.jpg


上がった磯は、椎ヶハエ

狙うは、石鯛!

と格好よく言っても、底物はこれで3回目

前回2回は、坊主・・・ 

何でも釣れればいいか~


*知らない人のためにちょっと解説
 大まかに分けると、磯で浮きを付けて、海面近くの魚を狙う釣り方を上物
 大きなおもりを付けて、底にいる魚を狙うのを底物と呼びます

 今回は底物で、主なターゲットとなるのが、石鯛とイシガキダイという訳です




竿を出してるのが、船着きのポイント

黒潮の反転流が正面から入れば、釣れる確率アップとか

でも、当日は逆・・・ 

とは言え、朝からツンツンと

あっという間に、餌のウニが取られる状態

犯人は、ガキかぁ(小さなイシガキダイ)?などと話つつ

懲りずに打ち返していると

時折、穂先をグイ~ッと

黒鯛の掛かり釣りはよく行っていたので

感覚的には、それと似たようなもんだよ~とは聞いていましたが

なるほどなるほど!

結果40ちょっとから35ぐらいのイシガキを、3人で計5匹

私もそのうちの2匹を

小さいですが、個人的には十分楽しめた一日でした

110703_114245a.jpg


ちなみに、同じ磯に上がった

上物のお客さんは、ルアーとカゴで

シイラに、ネイリ(カンパチ)、スマガツオとクーラーいっぱい釣っていましたよ~



あまりいい写真が有りませんでしたが

こちらが、沖側、太平洋~

実は、この辺りから西にかけての海域で

珊瑚の採取がおこなわれているんですよ

帰りに通った港でも

珊瑚の網を積んだ船が沢山ありました


110703_141510a.jpg


陸側~

110703_114329a.jpg


そして、釣った魚の写真はと言いますと・・・

撮るには撮ったのですが

帰って見ると保存し忘れてたみたいで、なぁ~い 

気が付いた時には、魚は私の胃袋の中に、残っているのは骨だけ・・・


まぁ、次回もっと大きいのを釣るからいいか!(笑)



[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2011-07

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。