宝石珊瑚のSANSUI

ジュエリーの事、珊瑚の事、そして地元高知の事 などなど・・・

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

白くなった珊瑚は染珊瑚? 

2012/11/02
Fri. 23:22

メジャーな、ダイヤやパールと違って

珊瑚に関しては、扱っている宝飾店も少なく

宝飾業界でも専門的な知識を持った方も少ないと言えます

今日見た、あるサイトで 「知り合いから、赤い珊瑚のネックレスを貰ったのですが

使っている間に、表面がが白っぽくなってしまったのですが、何故ですか?」

という、質問があり

別の方からの

「白くなったのは、きっと白い珊瑚を赤く染めたもので、色が抜けたのでしょう」

という返答が、載っていましたが・・・本当にそうでしょうか?

質問と回答の文章は、私が簡単に省略して載せましたが

全ての内容を見る限り、ネックレスは天然の赤い地中海珊瑚で

使っている間に汗によって表面の光沢がなくなり、白くなったのではないでしょうか?

実際に、染めた珊瑚の色を抜いてみようと、色々と薬品を使って試したこともありますが

ある程度は抜けますが、白くなるまでは無理でした。

下の写真は、使っている間に白く変色した、地中海珊瑚のネックレスです

140642074.jpg

表面は艶もなく、白く変色し粉を吹いたように荒れた状態です。

珊瑚の主成分は炭酸カルシュウムです。

そのため酸に弱く、汗などが付いた状態でほっておくとこのようになります。

他にも、硬度が低いため、使っている間に細かな傷がついて

光沢がなくなる場合があります。

人工ではなく、天然の証拠でもありますが、

対策としては、お使いになった後は、柔らかい布で拭いてあげることです。

面倒に思われると思いますが、よく考えてみてください

千円のTシャツでも、一日着た物は洗濯しますよね

それを考えると、もっと高価な珊瑚ですから、

苦になるほどの手間ではないと思いますので 是非、実践してみてくださいね!

ただ、もし上の写真のような状態になっても、再度研磨すれば元通り

140643329.jpg


費用も、お店によって違うと思いますが、びっくりするような金額にはならないと思います。

これも、高価な服などはクリーニングに出すと思いますから、

それを考えれば 特に、高い費用ではないと思います。

ジュエリーや宝石と聞くと、いつまでも輝きを失わず、半永久的に使えるという

印象を持っている方も多いと思いますが プラチナでも細かな傷などが付いて曇ってきますし

K18も、黒く変色したりします。

ダイヤも裏側に汚れが溜まって曇ったり 場合によっては、割れることもあります。

時々は、プロによってメンテナンスやクリーニングをしてもらうことが

美しさを永く保つ秘訣と言えます。

上の質問をされた方も、このブログを見てくれればいいですけどね

プレゼントした方も、可哀想ですよね

今日は、ちょっと使命感に駆られて、書いてみました 





[edit]

CM: --
TB: --

page top

2017-02

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。