FC2ブログ

Precious coral SANSUI

ジュエリーの事、宝石珊瑚の事、そして地元高知の事 などなど・・・

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

血赤珊瑚と赤珊瑚~ 

2017/09/09
Sat. 15:46

珊瑚の中で、最も価値が有るのは

日本産の色の濃い、赤珊瑚

血赤珊瑚と言われ、皆さんもよくご存知ですよね!

ただ、この血赤という表現には特に決まりがあるわけではありません

一部の鑑別機関では、ある程度の色の濃さを超えた物を

血赤珊瑚として、鑑別しているところもあるようですが

これも、独自に設定した色のグレードを利用していて

業界全体の基準では無いのです。

ただ、ある程度色の濃さの参考にはなるかもしれませんね


むかーし、むかし

日本で、まだ珊瑚が発見されていなかった時代は

シルクロードを通って、地中海の珊瑚が運ばれてきていました。

そのころから、血色、血玉という表現は使われていたようです。

ヨーロッパでは、色の濃いルビーをピジョンブラッド(鳩の血)

珊瑚をオックスブラッド(牛の血)呼びますから

日本の、血の色に例えた表現もヨーロッパから伝わった表現でしょうね

もちろん、このヨーロッパから運ばれた珊瑚は、日本の赤珊瑚とは違う種類で

業界では、サルジ・胡渡と呼ばれている珊瑚です(当店では地中海珊瑚として表記しています)

それが、徐々に日本産の色の濃い物だけを血赤というように呼ぶようになり

一般の方も、そう認識されている方が多いようですね

その為、当店でも色の濃い日本産の物だけに血赤という表現を使っていますが



少し前に、こんな問い合わせが・・・


どこかの展示会で血赤珊瑚の数珠を買ったのですが

一緒に行った友達が買った血赤珊瑚の保証書には、高知産と書いていますが

私のには産地が書いていないのですが、なぜでしょうか?と

私も実物を見たわけではありませんが、サイズや価格を聞くと

買われたのは、日本産では無く地中海のようでした


まず、日本産で108ヶの玉をそろえるのが難しく、

あったとしても、そのお値段では買えません、

日本産だと桁が違ってきますね

後は、買われた所に問い合わせて確認してみてください。

とお伝えしましたが、日本産と地中海産ではそれぐらい価格に差があります。

そのお客さまは、日本産の血赤なら欲しかったようで、返品されると言っていましたが


売られた方が、完全に悪いとも言えませんが

オフホワイトというよりは、ちょっとダークグレーな印象は受けますよね~


皆さんも、購入される時は血赤という言葉に惑わされず

色や産地(種類)も確認して購入してくださいね!


当店では、いくつかの商品で迷われているお客様には

その商品を並べて撮影した画像などもお送りしていますので

お気軽にお問い合わせください。

横に並べて、同じ条件で撮影しますので、色の違いがはっきり判りますよ!


血赤珊瑚 ペンダント

血赤珊瑚 ペンダント
血赤珊瑚 ピアス

血赤珊瑚ピアス
血赤珊瑚指輪

血赤珊瑚 リング
血赤珊瑚 ペンダント

血赤珊瑚ペンダント




[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://jewelrykazu.blog105.fc2.com/tb.php/261-7fc3013d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2018-09

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。