Precious coral SANSUI

ジュエリーの事、宝石珊瑚の事、そして地元高知の事 などなど・・・

修理のお仕事! 

2009/07/03
Fri. 21:31



日頃、ダイヤなどの製品を作っている職人さんからすると
珊瑚は、どちらかと言うと扱いたくない宝石ではないでしょうか

と言うのも、珊瑚はダイヤなどと比べると
熱、薬品、衝撃に弱く、慣れないと扱いにくい所があるのです

以前に修行してた会社でも、いろんな石の製品を作っていましたが
時々来る、珊瑚製品の加工や修理は、私の所に集まって来てたような?



そんな訳でうちには、こんな修理もやってきます

001 (2)

爪留めで、力を入れ過ぎてピシッと! 層が浮いたような状態になっています。


この修理品、ペンダントなのですが
チェーンも商品タグも付いていましたから

きっと、一度留めた珊瑚が、後から動きだしたため
再度石留めすることになり
もう動かないようにと、力を入れ過ぎたのかなぁ? などと考えながら



爪を起して、外した写真

003 (2)

この状態だと、それほど深いキズにはなってない事が多く
軽く、表面を削ればなんとかなるだろうと

ペーパーを使って削っているとこです。


005 (2)


ある程度は、周りも削ることにはなりますが
削る厚みとしては、コンマ数ミリぐらいでしょうか


007 (2)


012 (2)

後は、バフを掛けて無事終了です~

014 (2)

最後はわざと、削った周辺に蛍光灯が映り込むように撮ってみました

商品撮影だと、失敗なのでしょうが
加工をするうえでは、とても重要なんです

特に、今回の様に、一部分だけを削ると面に歪みが出来たりするので
この映り込みを、チェックしながら作業を進めていくんです


これは、金やプラチナの加工をする時も同じなんですよ。










[edit]

CM: 4
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

No title

YOKOさん、こんにちは

これを留めた職人さんは、背筋が凍る思いをしたでしょうね
綺麗に修理できてよかったです

宝石になる珊瑚は、深海で成長していますから、
なぜ、こんな色になるのかとか
実際もまだ、いろいろと謎の部分も多いんですよ

作品作り頑張ります~!

kazu #8w8Th2ek | URL | 2009/07/05 18:59 * edit *

修理

すごい!興味深く読ませてもらいました!
こんな傷も修理をすることができることからして驚きました。
元よりも照りもよくなっているように見えます!
さんごって不思議。
前の日記の枝のようなさんごも研磨後どうなるんだろう・・・と楽しみに
Kazuさんの作品待っています。

YOKO #kLCZl7R6 | URL | 2009/07/04 23:21 * edit *

No title

Linnさん、こんにちは

今回のように、人が日焼けして皮が剥げる前の皮膚のような?
軽い火傷したような?感じだと、
浅いキズの場合が多いですね

逆に、硬い物の上に落としたりした場合だと
キズが付く範囲は狭かったりしますが
もっと白い色になって、キズも深かったりします。

そっちも、機会があれば、又載せますね!

kazu #8w8Th2ek | URL | 2009/07/04 00:33 * edit *

勉強になります。

こんにちは。
結構削るのかな、と思ったらそんな事ないんですね。
珊瑚の事はあまり知らないので、いつも読んでて
楽しいです。

Linn #mQop/nM. | URL | 2009/07/03 23:54 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://jewelrykazu.blog105.fc2.com/tb.php/96-b65158bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10